千葉県を巨大地震が襲う前兆!「スロースリップ」現象

政府の地震調査委員会は6月26日、今後30年以内に震度6弱以上の地震の発生確率などを推計した「全国地震動予測地図」の最新版を公表した。

予測地図の公表は、2017年4月以来の1年2カ月ぶり。最新版では、2018年1月1日時点の「今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに見舞われる確率」などが示されている。

とりわけその確率が高いのは

千葉市 85%
横浜市 82%
水戸市 81%
静岡市 70%

関東地方や太平洋に面した東海地方では、首都直下地震や南海トラフの巨大地震などが想定されており、確率が高くなっている。

千葉市の発生確率の予測が最も高くなった理由については「千葉県の沿岸部は低地あるいは埋立地が非常に多い。揺れが発生する場所に近く、かつ揺れが大きくなりやすい地盤が多いというのが千葉県の特徴」とされた。

大阪府北部で6月18日に発生した震度6弱の地震後、関西地方は不気味な沈黙を守っているが、地震の前日の6月17日には群馬で震度5を記録。千葉では不可解な揺れが断続的に続いている。

特に、房総半島沖で6月上旬から起きている群発地震は、プレート境界の岩盤がゆっくり滑り動く「スロースリップ」現象によるもので、千葉県の南東沖を巨大地震が襲う可能性があるということだ。

千葉県民は、すでに家族の命と資産を守る動きとして、自宅の戸建てやマンションを売却、真剣に引っ越し、移住を検討している。

家、マンションの無料査定サイトでは、千葉からの依頼が殺到、システムと人員増強で対応している。

家、マンションの無料査定サイトについて

査定は簡単、時間もかからずインターネットで完結します。

不動産一括査定サービスのウェブサイトを使えば入力は1分程度なのです。

不動産一括査定サービスではインターネット上で、
売りたいと思っているマンションの簡単な不動産情報を入力すると、
その情報を元に、優良な査定先、売却先の不動産会社が抽出されて、
複数の不動産会社に一度に査定依頼が行えるのです

1社だけでなく、複数の会社へマンションの時価の無料査定依頼をすることで
より高く売却できるのです。

プロがおススメの
不動産一括査定サイトは?

プロがおススメの不動産一括査定サイトのツートップが
マンションナビ

イエウール
です。

2社ともに全国の優良不動産会社だけを厳選しているので
迅速、親切、正確、で
しつこいセールス活動や営業電話はありません。

安心して使えるのがこの2社ですね。

 

 

マンション売却無料一括査定サイト
おススメランキング

マンション売却無料一括査定サイト【マンションナビ】

一括査定を利用すると、
わずか45秒で簡単に
マンション売却を得意とする
不動産会社へ査定依頼が可能です。

全国2500店舗の
売却・賃貸が得意な不動産会社を
紹介してくれるので、
安心して査定を申し込めます。

 

【マンション.naviのおすすめポイント1】

マンション査定に特化した
不動産一括査定サイトであることです。

マンションに特化することで、
マンション売却に
強い不動産会社の紹介が可能なのです。

マンションに特化した不動産会社の加盟が多く、
賃貸に強い会社による賃貸査定も同時に可能です。

売却、買取り、賃貸、最大9社を紹介してくれます。

 

【マンション.naviのおすすめポイント2】

45秒で出来る簡単プロ査定。

入力はホントに簡単です。

マンションの一括査定依頼を、
わずか45秒で簡単に査定が可能で
日本全国の分譲マンションを網羅した
マンション売却・買取・賃貸査定サイトのため、
安心して査定を申し込めます。

 

45秒で最高値キャンペーンは
こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2873

 

 

 

不動産売却無料一括査定サイト【イエウール】

カンタン 60 秒で
不動産の無料一括査定が可能。

こちらは
「マンションナビ」と比べると
不動産総合の無料一括査定なので
物件を選ぶ項目があり、
マンション、を選ぶので
一項目増えて
60秒、なのですね・・・

でも実際は
それに
15秒もかからないです・・・

 

【イエウールのおすすめポイント】

全国 1400 社以上の
厳選された不動産会社が対応!

テレビCMで知名度高い
国内の大手不動産会社はもちろん、
地元密着型の優良不動産会社など、
全国の厳選1400社以上から選択し、
最適な査定価格を提案してくれます。

イエウールは
大手企業と地域密着型企業の
両方に依頼できるのが強みです。

その不動産会社の中から
最大6社まで利用できます。

 

60秒で最高値キャンペーンは
こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする